バイアグラを利用してEDを改善する方法をご紹介。バイアグラの効果・用法用量など詳細な内容をお届けします。

ED治療薬を活用してED治療を

バイアグラ

現在はさまざまなED治療薬が世界中で利用されていますが、特に有名なED治療薬といったら間違いなく「バイアグラ」になってくるでしょう。

まだ一度も使ったことがない人でも、バイアグラの名前くらいは聞いたことがあるかもしれませんね。

バイアグラは世界で初めて認可されたED治療薬で、今では日本国内においても定番化された商品だといえます。

バイアグラさえ飲めば、最近全然勃起しないと悩んでいる人でも簡単に勃起できる状態になるでしょう。

一般の人から有名人まで幅広く使われているED治療薬なので、使ったことがない人でも安心して手に取ってもらえると思います。

勃起不全を治したいと考えている人にとっては、おそらく今後もずっとバイアグラが必需品となるのではないでしょうか。

特にすでにパートナーがいる人の場合は勃起不全が原因でセックスレスになることもあるので、積極的に使っていくべきだと断言します。

バイアグラがあれば、あなたもこれからは好きな人と楽しくセックスをすることができるようになるでしょう。

バイアグラの成分

成分を解説する医者

なぜバイアグラを使うことによって勃起するのか?

その秘密はずばりバイアグラの主成分に隠されています。

バイアグラというED治療薬には「シルデナフィルクエン酸塩」と呼ばれる成分が使われており、現在は「25mg」「50mg」「100mg」の3種類が売られています。

ちなみに日本の場合は25mgと50mgの2種類のみが認可されていて、100mgは主に海外の方で売られています。

その理由は、海外の人の方が一般的に日本人よりも体が大きいからです。

100mgについては日本人が使用するには効果が強すぎるため、健康被害が出てしまうほどの副作用が起こりやすくなります。

そのため日本では50mgまでが安全に利用できるということで、50mgまでしか売られていないわけです。

ちなみにバイアグラの値段は1錠50mgでおよそ1500円となっています。

ED治療薬はバイアグラを含めすべて保険が一切適用されないので、完全に実費負担になります。

だからたった1錠でもこのように結構いい値段がするのです。

そしてシルデナフィルクエン酸塩の最大の特徴は「とにかく即効性に優れている」というところ。

そのため飲んでから実際に効き始めるまで最短で30分くらいになります。

さらに体内でシルデナフィルクエン酸塩の濃度が濃くなるまで、およそ1時間ほどとなっています。

なお持続時間は5時間程度となっているので、セックスを1回する分においては十分な効果が得られるといっていいでしょう。

バイアグラの歴史

バイアグラの歴史を解説する医者

今では勃起不全を治すための薬として当たり前になったバイアグラですが、バイアグラというED治療薬は最初からED治療薬として開発されていたわけではありません。

実はバイアグラのシルデナフィルという成分は1990年代頃、狭心症の治療をおこなうために開発や研究がされていました。

しかし臨床試験では想像していたほど狭心症に対していい効果が得られず、この研究は中止する形になりました。

そしてその際に試験薬となるシルデナフィルを被験者から回収しようとするも、手放したくないという人が出てきたのです。

その理由を聞いたところ、なんと勃起があると話す人がいて、そのためにずっと使い続けたかったそうです。

そこからED治療としての研究にシフトし、今では完全にED治療薬として世にバイアグラが出てくるようになりました。

つまりバイアグラというED治療薬は、ただの偶然によって誕生したのです。

研究をさらに続けること数年後、1998年頃にはアメリカがED治療薬としてバイアグラを販売。

当時は多くの人から画期的な薬であると騒がれていました。

さらに日本人もバイアグラに目をつけて、個人でアメリカから輸入する人がたくさん出てきました。

根強い人気を持つバイアグラ

ED治療薬3種類

ED治療薬自体は他にもジェネリックを含めてたくさんの種類がありますが、バイアグラが圧倒的に他のED治療薬よりも使われているといっても過言ではありません。

ジェネリックの種類を数えたときに、圧倒的にバイアグラのジェネリックが一番多くつくられています。

その中で最も人気が高く、先発薬のバイアグラに迫る勢いをもつのはカマグラというジェネリックで、バイアグラの効果はそのままに価格を抑えたとても有能なED治療薬です。

カマグラの他にもアグラゴールドやシラグラ、女性用のラブグラなどたくさんの種類がありますが、アグラゴールド(バイアグラジェネリック)は日本でも人気のED治療薬です。

ではなぜバイアグラは根強い人気を持っているのか?

まず一番にいえることはずばり「ED治療薬で世界初の薬だから」だといえるでしょう。

はっきりとED治療に効果的だと判断されたのは、バイアグラが世界的に初めてです。

そのため後から出てきたED治療薬よりも当然多くの人から注目を浴びています。

そして バイアグラは日本において承認申請からたったの半年で許可が下りた薬になるので、そのこともバイアグラの知名度を上げるきっかけになったといえるでしょう。

これからED治療薬を検討する人は、すでにバイアグラの使用者がたくさんいるので安心して使えますよね。

今後もバイアグラは永久的に安定した人気のあるED治療薬として存在することになると思います。

世界のリーディングカンパニー「ファイザー社」

バイアグラのシート

人気のバイアグラを手掛けたのは、ヘルスケア分野で世界のリーディングカンパニーとして確立された「ファイザー社」です。

ファイザー社は最大級の研究開発型製薬企業と自ら公言していて、2005年頃には累計513億ドルもの売上を達成しています。

そして開発費用として数百以上ものプロジェクトに合計74億ドルも費用を投入しているといわれています。

ファイザー社といったらバイアグラがやっぱり有名ですが、他にも血液中のコレステロールを減少させるリピトールや、鎮痛剤であるセレブレックス、そして他にも市販薬のリステリンやスダフェッドなど、数え切れないほどたくさんの薬を開発しています。

そして現在ファイザー社は主に3つの事業展開がおこなわれていて、「医療用医薬品」「動物用医薬品」「ヘルスケア製品」が事業の中心となっています。

またファイー社は生産性の向上やコストの削減、さらに知的財産権保護を強化していくために日々活躍しています。

現在ではその一環としてあらゆる仕事の過程がすでに見直されています。

結果、昔よりもさらに機動的な組織として成長し、いろんなプロジェクトをおこなうためにさらなる資金を生み出すことに成功しています。

レビトラとは

レビトラ

ED治療薬といったら何よりも先ほどまで説明したバイアグラの方がダントツで有名ですが、そんなバイアグラのあとに出てきたのが「レビトラ」と呼ばれるED治療薬になります。

レビトラはバイアグラと違って、アスピリンで有名なドイツのバイエル薬品という製薬会社が開発したED治療薬です。

知名度はまだまだバイアグラに劣るものの、レビトラも実際に使っている人から聞くとかなりの高評価となっています。

だからバイアグラに並んで、勃起不全に悩んだときにはぜひ選んでほしいED治療薬だといえるでしょう。

ちなみにそんなレビトラの名前の由来にはフランス語とラテン語がミックスされています。

レビトラのレはフランス語で、ビトラはラテン語になっており、

意味としては「男性の生命」ということになります。

そしてレビトラは他のED治療薬と比べてお酒の影響が少なかったり、色々と機能性においてバイアグラに負けないほど優れているといわれています。

だから日本において徐々にその人気は広がってきている状態です。

レビトラの成分

レビトラの成分を解説する医者

レビトラの主成分は「バルデナフィル」と呼ばれるものになっており、成分の名前は違えど実際に得られる効果はバイアグラとまったく同じものだといってもいいでしょう。

ただ厳密には違う有効成分になるので、レビトラならではの個性もあります。

まずバイアグラといったら即効性に優れているという話をしましたが、バイアグラの場合も同様に即効性において優れています。

ただバルデナフィルの方が若干ですが即効性において強力な効果が見込めます。

また、レビトラの成分であるバルデナフィルは、食事の影響をあまり受けないという特徴を持っています。

さらにレビトラの持続時間についてですが、これについてはバイアグラと同様に最低でも5時間程度となっています。

ただしもちろん個人差はありますので、人によって実際に効き目を感じる時間の長さは上下します。

ちなみに最大で10時間くらいは持続するといわれているので、1回のセックスに使うつもりなら十分な持続時間を持っているといえるでしょう。

また厳密にいえばレビトラで何mgのものを使うのかで持続時間は変わってきます。

現在はバイアグラと違い5mg、10mg、20mgの3種類が日本で認可されている状況です。

初めて使うという人は、念のために弱いものから試していくといいでしょう。

なおすでにレビトラを利用したことある人によれば、大体10mgか20mgが理想的な効き目を出しているみたいです。

シアリスとは

シアリス

バイアグラやレビトラに続く第3のED治療薬として「シアリス」と呼ばれるものが存在します。

このシアリスはアメリカに存在するイーライリリー社と呼ばれるところが開発を手掛けていて、日本においては日本新薬社がイーライリリー社からライセンスを取得、そして厚生労働省の認可によって生産と販売がされています。

第3と遅れを取ったED治療薬になりますが、それでもヨーロッパにおいてはED治療薬の中でナンバーワンのシェア率となっています。

さらに日本でもバイアグラやレビトラに並び大きなシェアを獲得している状態です。

シアリスもレビトラ同様にバイアグラと比べれば知名度が低くなりますが、それでも日本で間違いなく徐々に利用者が増えてきているといえるでしょう。

またシアリスというED治療薬も他の2つと同様に勃起不全を治すための効果がありますが、実は大きく異なる特徴を持っています。

それがまさに「持続力の違い」になります。

バイアグラやレビトラでも十分な持続時間がありますが、

シアリスの場合はこの2つのED治療薬と比べると相当長い間勃起効果を得ることができるので、持続力が欲しいという人は大体シアリスを優先して選んでいます。

だから自分のライフスタイルをまずは考えた上で、適していると思ったらぜひシアリスを手に取ってみてください。

シアリスの成分

シアリスの成分を解説する医者

シアリスに使われている成分は「タダラフィル」と呼ばれるもので、この成分がシアリスの持続性を最大化しています。

なおバイアグラに使われているシルデナフィルやレビトラのバルデナフィルは分子構造がほとんど同じですが、タダラフィルに関してはまったく違った分子構造となっています。

そのためバイアグラやレビトラとは同じED治療薬でもかなり違うタイプの薬となっており、大きく違う分子構造によって圧倒的な持続性を実現しています。

ちなみにタダラフィルによって実現できる持続時間は、なんと最大で「36時間」といわれています。

もちろん個人差はありますが、人によっては丸1日以上もの効き目を実感できるわけです。

そのため、前日の夜からシアリスを飲んでおくといったこともできます。

ただし持続時間が長い一方で、タダラフィルという成分は即効性においてはないといわれています。

そのためシアリスを飲んでも実際に効き始めるまでに、バイアグラやレビトラと比べてかなりの時間を必要とすることが多いです。

なぜ効き始めるのが遅いのかというと、タダラフィルは水に溶けにくいからだといわれているからです。

しかし遅いということは、言い換えればゆるやかに効いていくということになるので、体に与える負担は間違いなく優しいです。

だから副作用もその分起こりにくいといえるでしょう。

自分に合った薬を

処方箋を勧める医者

ここまで主に主流となっているバイアグラ、レビトラ、シアリスという3種類のED治療薬について詳しく説明してきました。

結局どれを選んだらいいんだろう、と初心者の人は色々考えてしまうと思いますが、わからない場合はとりあえず気になったものから選んでいけばOKです。

基本的にはどれを選んでも得られる効果は同じで、主に「即効性を優先するか」「持続性を優先するか」「知名度や人気を優先するか」といった感じになってきます。

もし即効性を優先したいならレビトラがいいですし、持続性を重視したいならシアリスが一番おすすめです。

そして一番人気でかつ有名なものを使いたいと思うなら、バイアグラを選べばいいでしょう。

またそれぞれの成分は違うので、人によって相性もかなり変わってくると思います。

自分が飲みやすいと思えるものを見つけるためには、とりあえず飲んでみるしかありません。

そして実際にこれらのED治療薬を飲む際に、どうしても不安な人は病院へ行って医師と相談してから決めるのがいいでしょう。

そうすればトラブルを心配することなく、安全に飲み始めることができるはずです。

3つのED治療薬の特徴をしっかり理解して、自分に合ったものを使っていきましょう。

ED治療薬。その効果を把握する

どのように効果があらわれるのか

ED治療薬の効果を説明する医者

それぞれのED治療薬がとにかく勃起不全の治療において便利だということがわかったと思います。

ではここでED治療薬が具体的にどのような形で勃起作用を促すのか、その仕組みについて紹介していきましょう。

男性が勃起する際の仕組みというのは、まず陰茎海綿体と呼ばれるところにたくさん血液が流れ込むことで勃起状態になります。

これが本来であれば性的刺激を受けることにより作用するわけですが、勃起不全の人はこれでも作用しないのです。

勃起不全の主な原因については別の項目で説明しますが、物理的な仕組みとしては「5型ホスホジエステラーゼ」の酵素が活発に動いてしまっていることが挙げられます。

この酵素が勃起に欠かせないと呼ばれている「環状グアノシンーリン酸」という物質を分解してしまうのです。

環状グアノシンーリン酸は陰茎海綿体の筋肉を弛緩して血管を緩めます。

それによって血液が流れ込むようになっているので、勃起させるためには5型ホスホジエステラーゼの力を弱めなければいけません。

その際にED治療薬の主成分であるシルデナフィルなどが、5型ホスホジエステラーゼの動きを妨害してくれます。

効果時間はどれくらい?

飲み方を解説する医者

ED治療薬から得られる効果の持続時間はすでに説明した通りですが、

もちろん正しい飲み方をするかどうかや、あなたの体質によって変化していきます。

一応こちらでもそれぞれのED治療薬における効果時間を一発で確認できるようにまとめておきたいと思います。

バイアグラは主に5時間~6時間

レビトラは主に5時間~10時間

シアリスは主に24時間~36時間

といった感じになっています。

バイアグラとレビトラはほとんど同じで、シアリスだけずば抜けているのが比べてみるとわかりますよね。

いずれにしてもすぐに効果が切れてしまうといったことは起こらないので、普通に使う分にはどれを選んでもよさそうです。

いつ服用するべきか

飲むタイミングを考える男

では効果時間を踏まえた上で、それぞれのED治療薬を使っていくときにどんなタイミングで使うのが一番いいのか?

まずバイアグラとレビトラから例を挙げていきたいと思います。

この2つのED治療薬に関しては主に「これからすぐにセックスが始まる」という場合においてもっともベストタイミングだといえるでしょう。

バイアグラは効き始めるのにおよそ30分前後、レビトラに関していえば最短で15分程度で効いてくるので、急なセックスのときにはこの2つが一番対応しやすいといえます。

最初はそのつもりがなかったけど、デート終盤に彼女がその気になってきた、といった場面に出くわしたときなどに、とても便利だと断言できます。

一方でシアリスの場合は持続時間が長い分、効き目の出だしがスロースタートになるので、やはり前日に飲むのが一番のベストタイミングとなってくるでしょう。

ちなみに効き始める時間は最短で1時間後となっています。

もし1時間後にセックスをすることになりそうだと思ったら、シアリスをそのタイミングで飲んでも全然いいと思います。

バイアグラなどのED治療薬の飲み方

用法や用量について

用法や用量について解説する医者

バイアグラを実際に服用する際に、どのような飲み方をすればいいのか?

ここでは初めてという人のために、バイアグラの正しい飲み方を紹介していきたいと思います。

まずバイアグラを正しく飲んでいくためには、とにかく「食前」に飲むようにすることが大事です。

もし食後にバイアグラを飲んでしまうと、バイアグラの成分が胃の中にある食べ物や飲み物といったものにほとんど吸収されてしまうからです。

つまりあなたの体自体に吸収されるバイアグラの成分が少なくなるので、ちゃんと飲んだとしてもあまり勃起しない…といった結果になってしまいます。

だから一番理想的なのは、完全に空腹状態のときになります。

パートナーとディナーをしたあとにセックスをしたい、という人は多いと思いますが、どうしても食後にバイアグラを飲みたい場合は、食事をしてから大体2時間から3時間くらい開けて飲むようにしましょう。

そしてバイアグラを飲む日の食事は、できるかぎり軽めにしたり脂っぽいものを避けるようにしてください。

基本的に食事の影響を受けやすいのがバイアグラなので、特に脂っぽい食べ物についてはバイアグラの効力を著しく下げてしまいます。

正しく飲んでいけばしっかりとバイアグラの効果を感じることができるはずなので、これから飲む際には用法用量に沿って服用することを忘れないようにしてください。

用法や用量を守りましょう

体調不良の男

どんな医薬品にもいえることですが、用法用量を守らずに飲んでしまうと本来感じることができるはずの効果を感じられなかったり、逆に体に悪影響をもたらす可能性も出てしまいます。

特にバイアグラなどのED治療薬に関しては必ず1日に1回までの服用としてください。

その理由は、バイアグラの成分が体内から外に100%排出されるまでに丸1日かかってしまうからです。

もしもバイアグラの成分が体内に残った状態のまま次のバイアグラを飲んでしまったら、効果が強すぎて予想外のトラブルが発生するかもしれません。

思っているより効き目がないなと感じたとしても、勝手にバイアグラを2錠以上飲んだりすることはけしてしてはいけません。

医薬品というものは、用法用量を守って飲まないとあなたに牙をむく悪いものになってしまいます。

バイアグラに関しては飲み過ぎることで心臓に大きな負担をかけることになるので、ひどい場合には死亡してしまうかもしれません。

だからおそろしいことにならないためにも、用法用量はちゃんと守るようにしてください。

用法用量を守らないと・・・・・・

症状に驚いている医者

用法用量を守れず飲んでしまったら、当然副作用のおそれも出てきてしまいます。

これはED治療薬にも当然いえることです。

むしろED治療薬は薬の効果としては強い方なので、その分飲み間違いによって副作用の発生率は高いといえるでしょう。

副作用に関しても発生率やその内容と強さに個人差がありますが、少なくとも用法用量を守るようにすればそのリスクは間違いなく軽減されます。

作用があれば副作用も当然ある

どのような副作用があるのか?

薬の副作用が出ている男

ではそれぞれのED治療薬にはどんな副作用があるのか?

ここでバイアグラとレビトラ、そしてシアリスに関する副作用についてしっかりと見ていきたいと思います。

まずバイアグラについてですが、バイアグラで特に多く報告されている副作用はずばり「めまい」「頭痛」「顔のほてり(紅潮)」になります。

「めまい」「頭痛」「顔のほてり(紅潮)」などによってふらついてしまうこともあります。

ふらついて転倒してしまったりすると怪我を負ってしまうなど二次災害に繋がりかねません。

そのため、バイアグラを服用して、効果が出るくらいの時間になったら少し自分の体調に気を配ってみましょう。

なぜこのような副作用が起こるのかというと、バイアグラを飲むことによって血行が急激によくなるからです。

そのため血圧が下がるので、そこからめまいが起こりやすくなります。

頭痛や顔のほてりは頭の血管が拡張されることによって発生しやすくなります。

バイアグラというのは基本的に全身に向けて血行の促進がおこなわれるので、体のいろんな場所で症状が見られる場合があります。

だから今挙げた副作用以外にも、鼻詰まりや胃痛などさまざまな副作用が起こる可能性があるのです。

たとえば胃の不快感。

これは、血管が拡張することで胃が活発に動き、胃酸が通常よりも大量に出るようになることから、逆流性食道炎のような症状になる場合があるのです。

もしこのような副作用が出てしまったら、胃薬と一緒に使うようにすることをおすすめします。

もちろん胃薬との併用は基本的に問題ありません。

このように副作用にはいくつかの症状があります。しかしながら、考え方をかえれば効果が出ているとも言えるのです。もちろん、「効果が出ている=副作用がある」というわけではありません。ただ、副作用というものは薬が効果を発揮しなければ発生するものではありません。つまり、考え方をかえれば、ちゃんと効果を発揮しているといえるのです。

副作用が出た場合の対処法

副作用が出た場合について説明する医者

ではもしもED治療薬を使ったときに、副作用が出てしまったら?

これから実際にED治療薬で勃起不全を治したい人が困らないように、しっかりと対処の方法について説明していきたいと思います。

事前にちゃんと対処の仕方を知っておけば、あとから万が一のことがあったとしてもあせることがなくなるでしょう。

まずバイアグラに関わらずすべてのED治療薬で起こりやすい「頭痛」です。頭痛が起こった場合、抗炎症作用のある「ロキソニン」などの鎮痛剤を使っていくのが一番おすすめです。

ロキソニンは主に解熱や鎮痛効果を持つ強力な薬として有名です。

いろんな鎮痛剤の中でも特に効果が現れるのが早く、しかも副作用もほとんどないといわれています。

そのためロキソニンはたくさんの人から支持を得ている薬だと言えます。

ロキソニンを服用したらおよそ20分くらいで効き目が出て、しかもバイアグラやレビトラと同様に5時間程度は作用してくれるので、バイアグラやレビトラを使う場合は薬を飲んだ直後にロキソニンを飲むようにするとベストタイミングだといえるでしょう。

ただしここで注意点がひとつあります。

それはロキソニンの副作用についてです。

ほとんど副作用は起こらないとされていますが、ロキソニンの副作用には胃の粘膜を荒らす効果があります。

つまりロキソニンは空腹時に飲むと少し危険なので、胃が元々弱い人の場合はロキソニンと合わせて胃薬も一緒に飲んでいく必要があるでしょう。

またどうしても副作用が出てしまうという場合は、実際に服用する量を減らすという手もあります。

最近はED治療薬をうまくカットするために「ピルカッター」と呼ばれるものが使われています。これによって錠剤を半分に切断してから飲むこともできるようになっています。

ED治療薬はどんなものであってもその容量が大きいほど効果が強くなるので、副作用が起こってしまう場合はピルカッターで小さくしてから飲み始めてみてください。

アルコールとの相性

ビール

バイアグラを服用するような成人男性の方の中にはお酒をよく飲んでいるという方も多いと思います。

また、セックスを楽しむ前に食事もアルコールも楽しみたいという方も多いはずです。

そうなってくると「アルコールを飲んだ後にバイアグラなどのED治療薬を使ってもいいのかどうか」ということが気になりませんか?

なんとなく相性は悪そうに感じてしまいますよね。

まず一般的には、あまりお酒と医薬品を一緒に飲むことはよくないといわれています。

その理由で挙げられるのは、医薬品ごとに色々な成分が含まれているからです。

つまり、その組み合わせによっては医薬品の本来持つ効果が弱くなってしまったり、逆に強すぎてしまったりして、予想とは違った結果が起こる可能性が出てしまいます。

そのため、お酒と医薬品は極力離して飲む必要があるといわれています。

ただ、現在はバイアグラにおいてお酒との相性に関する医学的根拠は特に何も認められていない状態です。そのため、医学的な話になるとバイアグラとお酒を一緒に飲んだとしても特に問題はないといわれています。ちなみにバイアグラに含まれるシルデナフィルを科学的に見ても、お酒と一緒に飲む上で問題ないという結果になっているようです。

ただし、だからといってお酒を大量に摂取してしまうことはもちろん毒になります。

少量であれば興奮要素を高める上でも効果的だったりしますが、過剰に摂取すると脳の動きを抑えてしまうことになります。

そうすると本来持ち合わせているはずの男性機能が低下するようになり、バイアグラを飲んでもほとんど効果を感じなくなってしまいます。

しかもバイアグラには血管を拡張する作用がありますので、お酒に含まれるアルコールが素早く全身に回り出す可能性も高いです。

だからこれからバイアグラを使っていく場合は、飲むお酒の量をしっかりとセーブしていかなければいけません。

バイアグラもお酒もちゃんと適切に飲むようにすることが、体の安全において重要な要素になります。

むしろアルコールを少量摂取するぶんにはリラックス効果もあるとされているので、問題はあまりないと言えます。緊張してしまう夜でも少しだけならお酒を飲んでも大丈夫なので安心してください。

ちなみに……バイアグラを服用する際に少量のアルコールであれば大丈夫!とは言っていますが、アルコールとセットでもある「おつまみ」によっては影響することがあるのです。油が多く含まれている料理やお菓子など油を多く含んだ食べ物は、バイアグラの効果に影響をもたらします。なるべく油の少ないものを選ぶと、しっかり効果を発揮してくれるでしょう。

おすすめの記事

スマホで注文する男

通販で購入する方法は

バイアグラを通販で購入する方法をご紹介。通販サイトの探し方、お得な購入方法などもお届けします。

カマグラ

ジェネリックもある

バイアグラのジェネリック医薬品についてご紹介。カマグラ、ハードオンなど安価でお得な商品が多々あります。

勃起不全を解説する医師

症状や原因などの情報

勃起不全の症状・原因などEDの情報をお届け。EDを治すには勃起の仕組みから正しく理解しましょう。

予防策を考える医師

様々な治療法について

ED治療薬、手術、生活習慣の改善など、EDを治す方法をご紹介。ED治療薬が最も手軽で簡単です。