簡単ED治療!
在宅でカマグラ通販

© 簡単ED治療!在宅でカマグラ通販

薬通販が増える理由

昨今、薬通販の個人輸入が増えています。
個人輸入とは、日本にいながら個人的に海外から薬を購入する方法です。
医薬品の輸入ともなると合法性が気になりますが、厚生労働省では個人利用に限り一定の用量なら輸入を許可しています。
外用剤は普通の大きさで1種類につき24個以内、毒薬や劇薬、処方せん薬は使い道や分量を守って1ヶ月分以内とされ、それ以外の医薬品や医薬部外品に関しては2ヶ月分以内としています。
あくまでも個人利用に限りますので他人への譲渡や販売は禁止です。
このような個人輸入が増える背景には様々な理由があります。
例えば、「治療に効果的な薬を入手できるから」「病院で処方してもらうのは恥ずかしいから」「安く入手できるから」などです。
薬の中には、外国では効果が認められているものでも、日本では認可されていないために国内販売されない薬が数多く存在しています。
国内の治療薬だけでは十分な効果が得られないけど、外国の治療薬なら高い効果を得られるとなれば、当然、入手したくはなるでしょう。
しかし日本国内で入手することが不可能なので輸入に頼るしかありません。
また、薬によっては医師に処方してもらうのが恥ずかしいというものもあります。
例えばED治療薬に関してはクリニックでの処方に抵抗を感じる人も少なくはなく、それならば誰にも知られることなく入手できる輸入に頼ろうと考える人が必然的に増え、利用率も高まっていきます。
加えて、医師に処方してもらうとなると薬代のほかに診察費もかかるので安く入手するとことはできません。
健康保険が適用されればまだいいですが、中には自由診療で保険適用ができない薬もあります。
そうなれば1錠処方してもらうのに1万円近くかかってしまうこともあるので、頻繁に処方してもらうとなれば医療費負担がかなり伸してしまうでしょう。
しかし薬通販に頼れば薬代だけですので、医師に処方してもらうよりも半値~7割程度は安く入手することができるという利点があります。
人によって個人輸入を活用する理由は異なりますが、上記のような理由から利用する人が増加していると見られています。
また、利用者の増加に伴って個人輸入代行業者も増えており、以前に比べると輸入しやすい状況になってきているという点もあるでしょう。
ただ、法規制の範囲なら輸入にて薬を入手することは問題ではありませんが、そこにはリスクも伴いますので、安全性を考えて輸入をすることが大切です。
その際には、信頼できる薬通販の輸入代行業者を活用するようにしてください。