クレジットカード現金化後の支払方法

ショッピング枠の支払い方法には、一括払い、リボルビング払い、分割払いがあります。
通常の買い物でも現金化でも少額の利用なら一括払いで充分でしょうが、利用額が大きいほど一括支払いでは厳しくなるため、支払い回数を分けて完済するリボルビング払いもしくは分割払いを選択することになるでしょう。
ただ、リボルビング払いと分割払いは表面的には似た支払い方なので、その違いを理解できていないという人は少なくありません。
そこで、ここではリボルビング払いと分割払いの支払方法について説明しましょう。
分かりやすく例題からみてみます。
5万円の支払い、金利は18%、支払い期日30日とします。
リボルビング払い(略・リボ払い)は、毎月の支払い金額を定額で支払っていく方法です。
原則、毎月の返済額に変化はありません。
月々1万円の支払いに設定したとしたら、1万円の中に元金+利息を含みます。
この支払いは「元利均等」という返済方式です。
例題のケースで計算をしていくと、完済までには6ヶ月かかることになり、総支払額は52,375円(内2,375円が利息分)ということになります。
ただし、1万円を全て元金に充てて、利息分は別途でプラスして支払っていくことも可能です。
この支払いは「元金均等」という返済方式になります。
元金均等方式なら、5ヶ月で完済となり、総支払額は52,245円(内2,245円が利息分)ということになり、元利均等法式で支払っていくよりも利息分の負担を減らせます。
カード会社によってリボ払いの支払い方式が異なるので、事前に確認をしてみましょう。
対して、分割払いは回数の中で支払っていく方法です。
分割回数は各社で異なりますが2回~24回払いが可能です。
支払い回数を3回としたとすると5万円を3回で割り、1回目の支払い16,800円、2回目と3回目の支払い16,600円で完済できます。
ここに利息をプラスすると、総支払い額5,1507円(内1,507円が利息分)です。
5回としたとすれば、1万円の定額支払いとするリボ払いと変わりません。
支払総額52,245円(内2,245円が利息分)になります。
また、リボ払いは幾ら使っても毎月の支払いは定額のままです。
例えば初めに5万円を使って、翌月3万円を使っても、月々の支払額は変わりません。
そのため使うほど完済までの道のりは伸びていきます。
しかし分割払いは、初めに使った5万円と翌月使った3万円を別々に分割指定して支払います。
そのため5万円を5回分割、3万円を3回分割で支払うと毎月の支払額は2万円(プラス利息)になり、使うほど返済負担は伸しますが着実に完済できます。

 

人気のバイナリーオプション

今は株式やFX投資もインターネットから手軽に参加できるようになったこともあり、多くの人が取引を行っています。
順調に利益をあげていくためには、それなりに勉強が必要となりますし、日々の情報収集も大切です。
より手軽に取引を始めたいという方は「バイナリーオプション」に注目してみてはいかがでしょうか。
バイナリーオプションは二者択一式の取引となっており、簡単でわかりやすく、小額からはじめることができます。
最低取引金額は50円程度からはじめることができ、あまり投資に費用がかけられないという方にも参加しやすく、予想が外れた場合も損失はチケットの購入金額のみですので、投資以上の損失が出てしまうという心配もありません。
もちろん投資ですので、リスクの管理はしっかり行っておく必要がありますが、小額の投資からでも十分利益を狙えるチャンスがあります。
参加するためにはまずは口座を開設する必要ありますので、それぞれの証券会社の特徴は良く比較し、それぞれに合った業者を選んでおきましょう。